教養を身に着ける
詳細はこちら

哲学

スポンサーリンク
哲学

フーコー「言葉と物」を分かりやすく解説:エピステーメーとは

フーコーは「言葉と物」を通して、文化によって生じるエピステーメー(知的枠組み)が、人類の知的体系や学問に大きな影響を与えていることを主張しました。この記事では、フーコー「言葉と物」について解説しています。
オススメ記事

エマソン「自己信頼」を分かりやすく解説

エマソンは生涯、自立した人間として運命と協調することの重要性を説きました。この記事では、そんなエマソンの著書「自己信頼」について解説しています。
オススメ記事

デカルト「省察」を分かりやすく解説:「我思う、故に我あり」とは

デカルトは「省察」にて、この世界において唯一確実なことは、考えている自分が存在することである、と主張しました。彼の革新的な発見「我思う、故に我あり」は、近代科学の発展に大きく貢献します。この記事では、そんな彼の「省察」を解説しています。
オススメ記事

キケロー「義務について」をわかりやすく解説

キケロー「義務について」は非常に有名な哲学書であり、ラテン語の教科書にも採用され、多くの人々に影響を与えました。この記事では、キケローの「義務について」を解説していきます。
オススメ記事

チョムスキーの思想を分かりやすく解説

世界的に著名な哲学者のチョムスキーは言語学者として研究を進めながらも、権力や政治、国家やメディアなどへの鋭い考察を行い、高く評価されています。この記事では、そんなチョムスキーの思想について解説しています。
オススメ記事

ベルクソン「創造的進化」をわかりやすく解説:生命の躍動(エラン・ヴィタール)とは

ベルクソンは「創造的進化」を通して、人間の創造性や自由意志の可能性を強く訴えました。この記事は「創造的進化」について詳しく解説しています。
名著

ベンサム「道徳および立法の諸原理序説」を分かりやすく解説:功利主義とは何か

ベンサムは「道徳および立法の諸原理序説」を通して、功利主義的な観点から法律のあるべき姿を解き明かしました。この記事では「道徳および立法の諸原理序説」について解説しています。
オススメ記事

ボードリヤール「シミュラークルとシミュレーション」を分かりやすく解説

ボードリヤールは著書「シミュラークルとシミュレーション」を通して、現実がハイパーリアルの世界に移り変わっていることを主張しました。この記事では、「シミュラークルとシミュレーション」について解説しています。
オススメ記事

アリストテレス「ニコマコス倫理学」を分かりやすく解説

アリストテレスは「ニコマコス倫理学」を通して、人間の幸福についてを考察しました。この記事では「ニコマコス倫理学」について解説しています。
オススメ記事

アーレント「人間の条件」を分かりやすく解説

ハンナ・アーレントは「人間の条件」を通して、人間一人一人がもつ可能性を示すとともに、画一主義的な近代社会化の危険性を主張しました。この記事では「人間の条件」について解説しています。
スポンサーリンク