教養を身に着ける
詳細はこちら

宗教学

スポンサーリンク
オススメ記事

「維摩経」を分かりやすく解説:大乗仏教とは

大乗仏教の経典である「維摩経」には、社会との関係を築きながらも上手に生きるための思想が詰まっています。この記事では、そんな「維摩経」について分かりやすく解説していきます。
オススメ記事

道元「正法眼蔵」を分かりやすく解説

鎌倉時代に禅の教えを日本に広め、曹洞宗を開いた道元。彼の著書に「正法眼蔵(しょうぼうげんぞう)」というものがあります。彼の仏教に対する哲学的解釈と、禅の思想の根本を知ることができる素晴らしい書物です。この記事ではそんあ道元「正法眼蔵」について解説しています。
オススメ記事

親鸞「歎異鈔」を分かりやすく解説

親鸞は「歎異鈔」を通して、誰もが救われるような教えを説きました。この記事では、そんな親鸞「歎異鈔」を解説しています。
オススメ記事

「荘子」を分かりやすく解説

「荘子」とは、中国戦国時代を生きた思想家である荘周が書いた道教に関する文献です。いかにして個人は幸せに生きることができるか、を考える「荘子」の思想は、現代においても適応することができます。
オススメ記事

「老子」(道教)を分かりやすく解説:道とは

中国三大宗教の1つである道教、これは老子の教えを参考に作られたものです。老子の教えには生きづらい現代を上手に生きるための方法がいくつも書かれています。この記事では、そんな「老子」について解説しています。
オススメ記事

孔子「論語」を分かりやすく解説

「論語」は2500年以上も前に孔子によって書かれた人生指南書です。人間としてあるべき姿を追求するこの本には、現代にも通ずる部分が多くあります。この記事ではそんな「論語」について分かりやすく解説しています。
オススメ記事

「般若心経」を分かりやすく解説

わずか262文字の漢字で構成されている”般若心経”。しかしそこには、人間の苦しみから解放する、非常に大きなパワーが秘められています。この記事では”般若心経”について解説しています。
スポンサーリンク