教養を身に着ける
詳細はこちら

名著

スポンサーリンク
オススメ記事

トマス・マルサス「人口論」を分かりやすく解説

トマス・マルサスは「人口論」を通して、人口と食糧のアンバランスを主張し、人口抑制の必要性を訴えました。この記事では「人口論」の内容について詳しく解説しています。
オススメ記事

フリードマン「資本主義と自由」を分かりやすく解説:自由主義とは

フリードマンは自由主義思想の重要性を改めて世界に伝えたことで有名です。この記事では、そんな彼の著書「資本主義と自由」について解説しています。
オススメ記事

ミーゼス「ヒューマン・アクション」を分かりやすく解説

ミーゼスは社会主義が繁栄していた時代から、資本主義を擁護し、自由主義の重要性を説き続けた人物です。この記事では彼の著書である「ヒューマン・アクション」を解説しています。
オススメ記事

サムエルソン「経済学」を分かりやすく解説:新古典派総合とは

サムエルソンは彼の著書「経済学」を通して、市場の自由と政府による規制の両立(古典派総合)という新たな方向性を示しました。この記事では、「経済学」について分かりやすく解説しています。
オススメ記事

ハイエク「個人主義と経済秩序」を分かりやすく解説

社会主義的な中央集権が正しいとされる風潮が強かった1940年代から、分散型の経済の可能性を説いていた人物がいます。フリードリヒ・ハイエクです。彼の非中央集権的かつ自律分散的なアイデアは現代社会にも大きな影響を与えています。この記事では、ハイエク「個人主義と経済秩序」について解説しています。
オススメ記事

シュンペーター「資本主義・社会主義・民主主義」を分かりやすく解説

シュンペーターは彼の著書「資本主義・社会主義・民主主義」を通して、資本主義が内包する危険性について研究しました。性質上、不安定さを保持している資本主義は、安定化を求める人々の意思を汲んで社会主義的な構造へと変化していく可能性があります。この記事では「資本主義・社会主義・民主主義」についてを解説しています。
オススメ記事

ケインズ「雇用、利子、お金の一般理論」を分かりやすく解説:ケインズ経済学とは

政府の介入を拒む古典派経済学でもなく、政府による完全主導の目指すマルクス経済学でもない、その中間に位置するケインズの主張は、戦後の世界経済の繁栄に大きな貢献をしました。この記事では、そんなケインズ「雇用、利子、お金の一般理論」について解説しています。
オススメ記事

ウェーバー「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」を分かりやすく解説

近代資本主義が発展したヨーロッパやアメリカで富裕層となった人々の多くはプロテスタントでした。ドイツの経済学者であるマックス・ウェーバーは、資本主義と宗教の関連性に注目します。この記事では、マックス・ウェーバーの著書「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」について解説しています。
オススメ記事

マーシャル「経済学原理」を分かりやすく解説:新古典派経済学とは

マーシャルは「経済学原理」を通して、新古典派経済学の基礎を築きました。彼の理論はいくつかの問題点を抱えているものの、現代の経済学に大きく貢献しています。この記事では、そんなマーシャル「経済学論理」について解説しています。
オススメ記事

カール・マルクス「資本論」を分かりやすく解説:マルクス経済学とは

18世紀、産業革命以降のヨーロッパは資本家による搾取が問題視されていました。カール・マルクスはそんな資本主義の危険性に対して警鐘を鳴らし、新たな体制へ向けて革命をもくろみます。この記事では、そんなマルクスの中心的な思想を示す著書「資本論」について解説しています。
スポンサーリンク